エクササイズ・ヨガ関連の動画

助産院といえば妊婦・産後のイメージがあると思いますが、年齢問わず女性誰でもご相談など頂いて大丈夫なんです。

特に産後やお年頃女子(更年期)の方はホルモンバランスが崩れやすく、長年の生活習慣もあり骨盤が歪んだり骨盤底筋が緩んで「尿漏れ」や「子宮下垂」「子宮脱」「痔」「脱肛」など生殖器のトラブルが増えてきます。

思春期の頃から月経(生理)が始まりますが、ひどい「生理痛」や「生理不順」の方が多い世の中です…

皆さんの子宮や内臓、骨までも美しいまま年を重ねていきたいものです。

そんな思いもありエクササイズのご紹介をさせて頂いています。


どなたでも簡単に行える体操です。
身体を揺らすことで骨盤の左右バランスを整え、内臓の活性化も期待できます。
バランスがとれると自律神経も整いイライラしたり眠りにくいということが解消されます。
是非毎日取り組んでみてください。


どなたでも自分の体のコリをほぐせる方法です。
特に切迫早産などで安静といわれている方にお勧めです。
安静状態が長くなると肩こり、腰痛、筋力の低下などがでてきます。そんな体を自分でもケアできるようにとご紹介しています。是非ご活用ください。


骨盤底筋が緩むとどうなるかご存じですか?
子宮や膀胱、腸などを支えていた部分が緩むということなので、全体的に下がって下垂しやすい状態となります。
下垂するとふとした瞬間に尿漏れをしたり、膣から何か出てきたり(子宮)とトラブルが続出します。
血流も悪くなり冷えにもなり、子宮が歪み生理痛なども引き起こす可能性があります。
女性にとってとっても大切な骨盤底筋群を鍛えて、ぽっこりお腹や垂れ尻ともおさらばしましょう♬


骨盤底筋群が緩むと内臓が下がってきやすくぽっこり下腹となりやすいです。下がる内臓は子宮や腸も、なので妊娠すると重みも加わり支える筋肉がなくなると切迫早産や脱肛となる可能性が高まります。
女性の皆さん、骨盤底筋を鍛えスタイルよく・トラブル少なく過ごせるように体を整えていきましょう♬


有名な猫のポーズ。

実は出産の時に背中を丸めていきむと赤ちゃんが降りてきやすいのです。
そして、腰や背中・お腹のストレッチになるので腰痛予防や内臓のマッサージとなり良いこといっぱい。
ゆったりとした呼吸をしながら取り組んでください。


お産の時は赤ちゃんが出てきやすいように股関節を大きく開くことがあります。
股関節が硬いと、いざ赤ちゃんの頭が出ても肩がひっかかったりといろいろ問題になることも。
妊娠関係なく肩こりや腰痛のある肩にも行ってもらいたいヨガのポーズになります。


自宅や外出先で座った状態で行えるエクササイズです。
特に診察待ちの間は正しい姿勢で座るように意識してください。正しい座り方の+αとして行える簡単エクササイズですので、腰痛のある方や便秘でお悩みの方は日常生活に取り入れてみてください。


そけい部の痛みや足腰を強くしたい方、ズボンや靴下をはくのに苦労している方は日常生活に取り入れてみてください。