ブログテーマ【赤ちゃん】


生まれたての赤ちゃんはお腹が空いているから泣いてるの?

よく「赤ちゃんが泣いている=可哀想」と思う方がいらっしゃいます。

 

果たして赤ちゃんは何を訴えているのでしょう?

お腹が空いているから?お尻が気持ち悪いから?暑いから?寒いから?服がごちゃごちゃしているから?

考えられることはいっぱいあります。

 

私たち大人が寝転がっていて、意識はありますが伝える術が「泣く」ことしかできなかったとします。

純粋に寂しいとか抱っこしてほしいとか、ずっと同じ姿勢で辛いとか…いろんな感情が芽生えますよね。

 

赤ちゃんももちろん一緒です。人間ですもの。

赤ちゃんの頃の記憶が残っているという方もいらっしゃいますよね。

 

タイトルから離れてしまいましたが…生まれてすぐの赤ちゃんは果たしてお腹が空いているから泣いているのでしょうか?

その前に、赤ちゃんの胃の容量を皆さんご存知ですか??

The Newborn’s Stomachから画像は引用させていただいています。

 

生まれたての赤ちゃん…さくらんぼの大きさです!ビー玉の大きさとも言われています。

5−7mlで十分お腹がいっぱいなんです。むしろそれ以上は苦しいかもしれません。

小さいと思いましたか?もっと飲むものだと思いましたか??

 

三日経過してもくるみ大の大きさで22−27mlと記されています。

 

このように胃の大きさを理解することで赤ちゃんが泣いている意味を考えるきっかけにはなるのではないでしょうか。

 

もちろん消化吸収が早いので授乳間隔は2−3時間になりますし、初日から5mlも分泌しない人がほとんどですので、1時間毎に欲しがって少しずつ飲むこともあります。

その子の性格にもよりますし、お母さんのおっぱいと赤ちゃんの口の相性もあります。

 

母乳育児と一言で言ってもなかなか難しいですが、まずは赤ちゃんってどうなっているのか?がわかると少し気が楽になりますね。

赤ちゃんだって人間ですもの

タイトルを見ると「当たり前」と思う方と「そうだった」と目からウロコな人がいるかと思います。


特に新生児期は
飲む
寝る
出す
泣く
たまにキョロキョロしている
くらいで感情をなかなか読み取れません。

 

子どもや赤ちゃんと日々関わっていた方はいろんな感情を読み取ろうとしたり自然とわかったりするかと思います。
でも、普段赤ちゃんに関わることなく生活していた人で、出産後余裕がない状態だと
「何を考えているかわからない」
「何で泣いているのかわからない」
「どうしたらいいかわからない」
のでとりあえず授乳やオムツ替えなど育児に追われ、飲ませても飲ませても泣くし困ったからミルクあげたら寝た…やっと解放された。
なんて、赤ちゃんと楽しく過ごすことができていない方もいます。

 

でもよく考えてみて下さい。



赤ちゃんも人間なんです。
お腹空いたら何かしら訴えます
オムツや服が気持ち悪かったら訴えるし
ずっと寝て天井見てるのも飽きるし
誰かに触って欲しくて、かまってほしくて泣きたくもなるし
抱っこだけじゃ満足できないで歩いて振動を与えて欲しい子もいます。
なんてこたぁない、大人も子どもも赤ちゃんも基本的なところは一緒です。

 

「どうしたらいいかわからない」方は
一人の人間なんだと意識して見ていると何を訴えようとしているのかが見えてくるかと思います。
見えてきたらそれに応える。
そうすることで自ずと「こうしたらよかったのね」と納得できるはずです。
何を訴えているのか見えなくても、なんとな〜くでいいんですよ。

 

 

皆さんが肩の力を抜いて子育てできる世の中となりますように。

赤ちゃんの姿勢とおひなまき。

赤ちゃんの姿をゆったり見たことありますか?

布団を被って眠っている姿ではなく、体のラインを。

赤ちゃんの姿勢を見ると基本手足を曲げています。
足はM字に曲がっていて、背中も丸まっています。
生後すぐは胎児としてお腹の中にいた時の姿勢でいる子が多いです。
手足をキュッと重ねて背中を丸めた状態が多いですね。(逆子ちゃんは足をピーンと伸ばしていたりします)

ほとんどの赤ちゃんはプカプカと羊水の中に浮かび、丸まって過ごしていたので背骨は「C」や「も」のカーブの形が基本です。
大人のように背骨が「S」ではないのです。
生まれて重力のある世界で行動し始めると、まずは首が座り…腰も座るようになって…と段階を踏んで成長していきます。
その成長過程で背骨の形も変化していきます。

生まれてしばらくの赤ちゃんの背骨がCということは、赤ちゃんを抱っこする時もCのままキープしてあげた方が赤ちゃんにとっては快適であるといえます。
でも生まれて間もない赤ちゃんはグニャグニャ脱力してて、抱っこする人もまだ抱っこに慣れていなくって…ということがあります。
まぁ、抱っこは回数を重ねれば自然と慣れますが。

どこでどの部分を支えるかがポイントになってきます。基本は手や腕だけで抱っこするのではなく、体全体で包み込むように支えるのがベストです。
肩や腕に変に力が入っていたり、赤ちゃんの体が捻れたり伸びたまま抱っこしていると赤ちゃんの「泣き」は悪化するばかり…まるめてあげるともの凄く泣いてた子もしばらくして落ち着くことが多いです。

自分に置き換えて考えてみて下さい。どうしたら安心して全身を委ねられるのか、を。

赤ちゃんは委ねるしかないのですが、やはり居心地が悪いとぐっすり眠れないし、姿勢をモゾモゾ正したくなるし、どこか不快だったら泣きます。
緊張して抱っこする人とドーンと構えて抱っこする人では、後者の方が赤ちゃんも安心しますよね。
抱っこしたら泣き止むのに、置くとすぐに泣き始める…そんな時は置かれた場所が安心して眠れない状態なんですね。

あと、抱っこでぬくぬくあったかかったのに、急にヒヤッとする布団だったりね。
あとは肌と肌が触れ合ってると愛情ホルモンが湧き出ますので、そこで安心するというのもあったり…

でも、ずっと抱っこはなかなか難しいです。
何かやらなければいけないことがあるし、重いし。笑

そんな時には「おひなまき」をして、布で赤ちゃんを包んであげましょう。
布に包まれていることで安心します。

そして、ただ包むのではなく背骨のCのカーブをキープして包むので、赤ちゃんは快適に安心して眠ることができます。
結構キツくしっかり巻いていることが多いのですが、布の素材によっては伸縮し運動できるので窮屈ではなく、お腹の中にいた時のような適度な反発感や安心感を感じて機嫌よく過ごしてくれます。

掛け布団を気づいたら蹴ってしまって寒そうということも防げますね。

物音などで手足がビクッとなるモロー反射。
物音だけでなく自分のイビキなどにもビクッとしていますよね。笑
そのまま眠る時と泣き出す時があるのですが、そのビクッとする反射も包んであげることで少なくなるので、赤ちゃんはぐっすり眠りやすいようです。

背中スイッチを押してしまわないかと心配しながらそーーっと赤ちゃんを置いている方に試してほしいです。

おひなまきもいろんなやり方があります。
まずは、自宅にあるバスタオルでも簡単におひなまきはできます。

はじめは慣れずに嫌がることもあるかと思いますが、抱っこして落ち着いて心地よさそうにすること多いので試してみてくださいね。