子宮のお話

ここ数年で子宮というワードを目にすることが増えました。

それに関するビジネスもよく見ます。
まぁそれだけ皆さんの関心があるんでしょう。

子宮に関する疾患も以前に比べて増えています。
増えている…というかガン検診なども定期的に受けるように意識しはじめたので潜在的だったのが顕在化してきたんでしょうね。


女性が自分の子宮を意識し始めるのは、きっと初潮があってからでしょう。
初潮の発来も人それぞれで早いと小学生の低学年…遅いと中学、高校あたり。

じつは母親の胎内にいる時に卵子は作られ生涯その数以上増えないのです。

なので月経の周期が早いとそれだけ排卵する回数も多いし、周期が遅いとその分蓄えがあります。
といっても無排卵月経とかいろいろありますので一概には言えませんがね。

そんな"子宮ちゃん"はどんな感じに自分の身体の中に納まっているか?

まぁ最近は調べればすぐに画像も見れますし保健体育の授業でも学びますよね。

でも全員が全員同じような形で入ってはいません。
まれに形が違う方もいますが、一般的に同じ形。
だけど、横に少しずれたり前屈してたり後屈していたり…

骨盤に靭帯でビターっと張り付いているので骨盤が歪んでいると子宮も一緒に歪んでいたりするんですよね。

あまり考えたことなかったかもしれませんが、日常生活の積み重ねで骨盤は少なからずズレたり歪んだりしますよね。

骨盤に不調が出たら動いた時に違和感あるから意識しやすいけど、そこから子宮もズレたりしているなんて連想しないかと思いますが…そういうこともあるんですよねー。


月経の時に生理痛が酷い方
出血がダラダラと長く続く方
などは子宮の位置も関係しているかもしれません。
もちろん食生活や生活習慣も影響しますし、中には隠れた疾患があるかもしれません。


まずはすぐに行える
姿勢を正すこと
歩き方も子宮を意識するだけで背筋が伸びます
身体を冷やさない(衣服、食事)
骨盤の位置を整える生活を送る(足を組まない、ヨガやストレッチなどで左右差を整える)
などを意識するだけでもかなり違いますね。
 

私は生理痛のない生活をしていたのですが、長女出産後から少し痛みを感じていました。

そして次の妊娠は流れてしまい、子宮の位置や環境などよろしくなかったのでは?
と思いヨガや子宮のエクササイズに興味を持ち通い始めました。
 

そこで生活習慣を正すことの大切さなどを学べたので、私もお伝えしていけたらと思います。
 

なんだか話がまとまってない気がしますが…
私が提供させて頂いているケアについてチラッとお話しておきます。
 

子宮インナービューティーセルフケアエクササイズは子宮にアプローチするヨガです。
ご自身で行えるので毎日数個のエクササイズをするだけでも体質改善に役立つかと思います。
 

子宮インナービューティーセラピーは施術になります。タイ古式マッサージのように2人でするヨガに近いところがあります。ご自身ではケアしきれない子宮SENにアプローチしていくものとなっています。
 
ご興味ある方はお問い合わせ下さいね。

進先生の子宮力の本は絵本のように読みやすく子宮についての不思議話がいっぱいです。